記念すべき1鞍目(かながわホースパーク)-後編

LINEで送る
Pocket

記念すべき1鞍目(かながわホースパーク)-後編
記念すべき1鞍目(かながわホースパーク)-後編

※写真はイメージです。

馬場とは簡単にいうと、フィギュアスケートでいうところのスケートリンク的なところです。記念すべき初乗馬体験は、薬師丸ひろ子を若くしたような美人の先生に教えていただきました。

厩舎(きゅうしゃ:馬小屋のこと)から馬場までは先生が馬を引いて、その後をついていきます。2鞍目以降は馬を自分で引いて馬場まで連れていくようになりましたが、このときは馬の大きさに圧倒されていたので、引き馬さえも自分ではできそうにないと思いました(笑)

馬場につくと、小さな脚立を使って馬にまたがります。
わたしの予備知識では馬に初めて乗ると、その高さに驚き、怖いと感じる方が多いと聞いていたのですが、わたしは外に出た途端、なんだか気持ちが解放されてしまい、(自然がいっぱいだったから?かも)馬にまたがってからはまったく恐怖を感じませんでした。

この日の体験乗馬の流れは以下のような感じです。

————————————————————————————-

① ブラッシング・馬の性質についてレクチャー
② 馬場での常歩(なみあし)の練習
③ 馬場での速歩(はやあし)の練習
④ 馬場での軽速歩(けいはやあし)の練習
⑤ 馬場を出て、先生に引き馬をしてもらいながらホースパーク内探検
⑥ 畑で大根堀り!
⑦ 放牧されている馬にニンジンやり
⑧ ポニーやヤギと遊ぶ
⑨ ホットドッグを食べる

体験乗馬10,000円コース/ 2013年5月の内容です)

————————————————————————————-

わたしの感じたところによると、プランとして決まっているのは①~⑤までで、⑥~⑧についてはホースパークのスタッフの方の「きもち」
でやっていただいていたことだと思います。

体験乗馬で③速歩や④軽速歩(人間でいうと小走り)までやると思っていなかったのですが、これは割と一般的なようです。もちろん、さわりをやったにすぎないですが、今後乗馬を続けるモチベーションにつながりました。

馬のスピードが少し早くなるだけで、あんなに振動が違うとはこれまた驚きです。②常歩では疲れませんが③速歩と④軽速歩ではかなり体力を消耗しました。レッスン後にほどよい疲れがあるところも良かったです。(速歩と軽速歩については別途記事を書こうと思っています。)

ほかのクラブに比べると体験乗馬10,000円は少々高く感じますが、自然満喫!のリラクセーション要素も含めるとそんなことはないと思います。乗馬体験をした、というだけでなくアウトドアにいったような気分も味わうことができました。

実際に馬に乗っている時間(上記でいう②~⑤)は45分程度で、同じ時間での体験乗馬の平均価格は5000円くらいです。

もちろん、乗馬自体がありえない価格だ!という方にとっては高価だと思いますが、いきものと関わる以上、飲み会に行くのを一回我慢すればなんとなるくらいの出費は、庶民とはいえ仕方ないと思っています。
(ほんとは10万20万くらい仕方ない!と言いたいところなのですが、
そこまでいってしまうと生活が成り立たなくなるので…)

ちなみに、かながわホースパークさんはまた是非行きたいクラブですが、片道2時間だと月に何回も行くのは難しいので、会員にはなっていません。。。

もし、小田原周辺の方で興味がある方はぜひ。

★こんな方におすすめ
⇒小田原周辺にお住まいの方
⇒マンツーマン指導がいい方
⇒女性 ※レディース会員がお得
⇒自然に触れたい方
⇒馬に優しい環境のクラブに通いたい方
⇒草原での騎乗を楽しみ、癒されたい方

ホースパークの方針などまでこの記事では網羅できていないので、
気になる方はウェブサイトをご覧になることをおすすめします。

▼かながわホースパーク
http://kanagawa-horsepark.com/

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です