【速報】ビギナー向け競馬セミナーREXSに参加してみた(第1回)

LINEで送る
Pocket

今日は会社の隣の席のYさんと『ビギナー向け競馬セミナーREXS(レーシングエキスパートセミナー)@東京競馬場』に参加してきました。

REXS(レックス)とはJRA主催の超初心者向け競馬教室のこと。全2回のセミナーを通して競馬の基礎を学んだり、競馬の裏側を見学したりできます! 今日はその1回目に参加しました。受講料はなんと無料です。

※REXSについてはYouTubeにわかりやすい動画がありましたので、こちらの動画をご覧いただくとよいと思います。

さて今回も1日を写真とともに振り返ってまいりますよ~。

【10:00】今回のセミナーは東京競馬場の「来賓席」という場所で行われるためドレスコードなるものが! 朝から洋服選びに悩みまくり。……というのも、男性のドレスコードはジャケットかシャツの着用、デニム・短パン・サンダルはNGという明確なルールがあるものの、女性は「男性に準ずる格好」とのみ記載があり。普段の仕事着はデニムなのでカジュアルすぎるし、かといってワンピースは結婚式用に買ったようなものしかなく、結局ジャケットに黒のパンツ(ユニクロ)そして黒のヒールで行くことにしました。

【12:00】 Yさんと府中競馬正門前駅のホームで待ち合わせ。セミナー自体は12:30からだったのですが、さくっと駅ホームにある立ち食い蕎麦屋さんで腹ごしらえをするという算段です。ちなみにこの蕎麦屋のおじさんはほとんどしゃべりません。注文しても無言、作っている間も無言、最後にお蕎麦を出してくれるときに「はい、どうぞ」と一言だけ声を発します。(でも、それはそれでいいかなと思える競馬場の不思議)

府中競馬場正門前駅 立ち食い蕎麦

【12:25】来賓受付に到着。来賓席とはいわゆるVIPの方々(ときには天皇陛下も!)が競馬を観戦する場所なので、もちろん私にとって無縁の場所。だいぶ迷ってしまい、受付についたのはセミナー開始の直前でした。よく調べてから行くか、競馬場についたらすぐに係の人に案内してもらったほうが手っ取り早いです。

【12:30】講義が行われる部屋につくと、いくつかのテーブルに分かれます。参加者は女性が多く、悩んでいたドレスコードはさほど皆さん気にしていないようでしたが、シンプルなワンピースにジャケット率が高い気がしました。

REXSテキスト

デスクには
・テキスト
・KEIBA CATALOG
・騎手名鑑
・お茶
・競馬場無料入場券(次に競馬場にくるときに使える)
・武豊クリアファイル
・サインペン
・今日の競馬新聞
が置いてあり、すべて持って帰ってOK!

【12:35】講義スタート。講師はグリーンチャンネル(競馬専門チャンネル)のアナウンサー坂田博昭さん。今日の講義は「競馬の歴史」「サラブレッドとは」「馬券の種類」「競馬新聞の読み方」が主な内容でした。

【14:00】9R~12Rは馬券購入の実践! 来賓席はすぐ近くに発券機があるので馬券を買いに行くのが楽ちんです。ただしパドックは遠いのでなかなか見に行けません。

来賓席からの眺めは思っていた以上によく、時期も天気も最高で本当に気持ちよかったです。

東京競馬場 来賓席

【15:30】ちなみに今日のメインレース(11R)は府中牝馬ステークス(GII)。予想うんぬんとは別にメイショウマンボは出ていると買っちゃいます(100円ですが)。11Rを当てた人はREXS特製トートバッグを貰えました。私は負けてしまいましたがYさんが見事ゲット。

REXS特製トートバッグ

【17:00】最終12Rまで楽しんだ後は希望者のみ競馬場内の散策ツアーへ。今回はそんなに物珍しい場所には行けませんでしたが2回目の講義のあとは検量室やパドックなど普段は入れないところに入れるそうなので楽しみです!

いかがでしたか?
12:30-17:30までと長丁場のセミナーですが実践も多く、時間を忘れるくらい1日が早く感じました!

競馬に興味があるけれどまだ行ったことがない人、いつもどうやって馬券を買ったらよいか悩んでいる初心者の人(私!)にはとってもおススメのセミナーですよ!

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です