法華津さん、東京五輪目指す

LINEで送る
Pocket

東京五輪の実現が決まって、ふと思ったのは71歳でロンドンオリンピックの馬術代表だった法華津寛さん。

もしや、前回の東京五輪も出ているのでは?!ってことです。 検索してみたらやっぱり出場されてました!


馬術を始めたのは12歳の時にサマーキャンプで馬に乗ったのがきっかけ。元外交官で極洋捕鯨の社長だった父親に頼んで、一部特権階級だけが入会を許されていた東京乗馬倶楽部[要出典]に加入。学生時代から選手として数々の大会に出場。1964年に開催された東京オリンピックに出場し、障害飛越個人40位、同団体12位。 (引用:Wikipedia


次の東京五輪も出場したら、すごいなぁ・・・。どこかにインタビューとかされてないかなということで、また検索してみました。

やっぱりされてた!


「どうかな。それ(20年)まで馬に乗っていられるかな。生きていたら、乗っているでしょう。競技をしているかは分からない。東京で始まり、東京で引退、が一番なんだろうけど」。

~中略~

79歳での五輪出場も、夢物語ではない。72歳の現在も競技を続けている。毎日、馬に乗り、成長し続けている実感がある。「自分が少しでも進歩していると思われる間は、たぶん続けると思います」。16年リオデジャネイロ五輪に向けては「リオは多分、やれるでしょうね」と明言。 (引用;nikkansports.com


 

いや~、すごい。すごすぎる。

技術はなくても、わたしも年とってからも乗馬続けたいな~。お金が持つかわからないけど…(..)がんばろ…。

★BALOG★

LINEで送る
Pocket