馬

71鞍目- ハミ受け?体験の巻

LINEで送る
Pocket

前回と同じお馬様とレッスン。
前回よりだいぶ言うことを聞いてくれたのでほっといしていたのですが、
先生からはもっと歩度(=歩幅や歩く速さ)を伸ばすように注意を受けてしまいました。

注意をされたあとは、最終的にはかなり歩度を伸ばすことができて一安心。

さらにこの日は常歩のときに先生が馬の口に手を持って行き、なにやらハミをかちゃかちゃ。
手動でハミ受け(っぽい状態)※1状態を作ってくださり、ハミ受け(かどうかはわからないけど)をはじめて体感しました。

乗り心地にかなりの変化があり、上に向かって自分のからだが弾む感じです。手綱が引っ張られる感じがなくなり、ゆるくなったので手綱を詰めます。しかし、馬場を一周もしないうちに元の状態に戻ってしまいました(^_^;)

最後に速歩から常歩への半減却を案の定失敗して、この日のレッスンは終了。

タイミングが悪く、騎乗後は馬の手入れができなかったのですが、先生が今度から配馬のときに手入れできるように調整しますね、と声をかけてくれました。


※1:何故ハミ受けと思ったかというと、馬の頭がよく写真で見るハミ受けをしている馬のフォームになっていたから。


 

馬

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です