乗馬ライセンス5級

9鞍目―乗馬ライセンス5級取得コース(2日目)

LINEで送る
Pocket

この日は乗馬ライセンス5級取得コースの2日目でした。

この乗馬クラブは千葉にあり、東京までバスで送迎してくれるのですが、バスの時間は午前に往復1本(例 8:00東京発⇔13:00千葉発)、午後に往復1本(例 14:00東京発⇔19:00千葉発)なので、行った日は半日乗馬クラブで過ごすことになります。

乗馬を始める前は、実際の騎乗時間が小一時間なのに、半日を使ってしまうのはいかがなものか?と考えたりもしたのですが、実際にそうなってみたら、意外と楽しい。いや、かなり楽しい。

待ち時間がかなりあるので、厩舎の馬におやつをあげたり、先生や会員の方とお話したり、クラブの娘さん(幼稚園くらいかな?)と遊んだり、
子犬と戯れたり、あっという間に過ぎていきます。この日は全員の騎乗が終わったあとに、会員の方に美味しすぎるブドウを頂いたりなんかして、至福のひと時でございました…!

さて、本題のレッスンの方ですが。バスでクラブについたのは15:00頃でしたが、わたしの騎乗は16:20からだったのでだいぶ時間があり、自分の騎乗予定の馬のレッスンを見学しました。

ところがどっこい、その馬の機嫌が悪い、悪い、すこぶる悪い。レッスンが始まる前から、いきなり座り込んでしまったり、馬場から逃げ出そうとしたり。

そして運の悪いことに近所のトラクターの騒音にびっくりして、騎乗していたひとは落馬。幸い怪我はありませんでしたが、その馬に次は自分が乗る…かなり緊張しました。

わたしのレッスンが始まる頃には少し馬も落ち着いていましたが、それでも馬場から出ようとしたり、かなりのご機嫌斜めっぷり。よくこの日記に、わたしは呑気な調子で「馬になめられている。トホホ」的なことを書いておりましたが、この日はなめられたら落馬!というのが常に頭にあったので、必死に馬をコントロールしようと努めました。
馬にかなり抵抗されるシーンもあったのですが、先生に「●●さん!そこで負けたらだめーー!自分がリーダーだって教えないと!」と言われて、必死に格闘…!

馬もなんとか馬場から出ることを諦めた様子で、先生にも「良いね!今、馬に勝ったのわかった?●●さんの勝ちー!(パチパチ)」と言われて少し緊張も解けました。

そのあとも馬は厩舎に帰りたがったりしたのですが、指示をちゃんと出せばきいてくれるようになり、馬より自分が格上でいなければならないことの重要性を学んだ一日となりました。

騎乗のあとは5級の筆記テストの重要個所をクラブハウスで教えていただき、ライセンス5級取得コース2日目を終えました。

☆BALOG☆

LINEで送る
Pocket