ステイゴールド産駒とトウカイテイオー産駒のツーショット

36鞍目(後編)― 初級クラスと中級クラスの馬の違い

LINEで送る
Pocket

36鞍目(後編)です。36鞍目で先生に注意されたことが2つあります。

① 軽速歩で「立つ」のタイミングで一緒に拳が上に上がってしまい、引っ張られた馬は「ブレーキ」の合図と勘違いしてしまうかも。

② 扶助を出すタイミングで力んでしまい、顏がこわばってしまう。もっと楽にして笑顔で乗りましょう。

①についてはまったく無自覚。確かに言われてみると拳の位置は高くなってしまっていました。こちらは意識してやればなおるのですが、②については、すでに自覚症状がずっとありまして…。扶助がうまくいかないとき、ついつい力が入ってしまい、歯を食いしばってしまいます…。

笑顔で乗馬…なかなか難しい課題です。。。

——–

レッスン後に先生から、「今日は上のクラスの馬だから良く走って怖くなかったですか?」と聞かれました。

今まで、初級クラスの馬と中級クラスの馬の違いがなんなのか、気になっていたのですが、なるほど上のクラスの馬の方が良く走るのか。

確かに本当に良く走ってくれる子で、スピード感がありましたが、個人的にはむしろ爽快で楽しかったです。軽速歩のリズムも合いやすかった気がします。

今回はイレギュラーな配馬なので、次にこの子に会えるのは偶然が重なるときか、クラスが上がるとき、、、だいぶ先な気がしますが、良い経験になりました。

ステイゴールド産駒とトウカイテイオー産駒のツーショット
ステイゴールド産駒とトウカイテイオー産駒のツーショット

 

 

 

 

 

 

 

 

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です