鞍数(くらかず・くらすう)—–乗馬経験回数の数え方

LINEで送る
Pocket

20130614212155

※写真はイメージ素材です。

乗馬では「何回馬に乗ったことがあるか?」を、「鞍」という単位で表すそうです。

1回30分でも1鞍、1回60分でも1鞍。

いろいろ乗馬レッスンを調べたところ、
1回45分を1鞍=1レッスンとしている場合が多い模様です。
(なので、料金を比較するときはレッスンの時間も確認せねばですね。)

数え方はひとくら、ふたくら、さんくら…といった感じです。
2鞍がふたくらだったら、3鞍はみくらな気もするのですが…
恐らく、厳密なルールはないと思われます。

ちなみに鞍数の読み方は、「くらすう」又は「くらかず」。
わたしが行った乗馬クラブでは「くらすう」と言っていた気がします。
でもiPhone5で変換する場合、「くらかず」じゃないと鞍数と変換されませんでした。

わたしはまだ3鞍しか騎乗しておらず、
乗馬クラブも二箇所しか行ったことがありませんが、
電話予約をする際に、どちらの乗馬クラブもこの「鞍数」を聞かれました。

てっきり級(ライセンス)の有無を聞かれるのかなと思っていたので、
乗馬についての調査段階では五級取得を当面の目標にしようかと思っていたのですが、
もし鞍数のほうがメジャー?なら級については
しばらく考えなくてよいのかな、と思いはじめています。
ライセンス検討の話についてはまた今度。

少々中途半端ではありますが、鞍数についてはこの辺で。
次は記念すべき(?)1鞍目についてつらつら書く予定です。

ではまた。

☆BALOG☆

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です