5鞍目―軽速歩の上下運動で腹痛に

5鞍目―軽速歩の上下運動で腹痛に

LINEで送る
Pocket

やっとこさ5鞍目。サンヨーガーデンさんです。

こんなふうに、毎回鞍数なんて書いていると、「鞍数なんて気にしているのは初心者だけだよ*1」という声が聞こえてきそうですが…。まったくその通りだと思っています(;´д`)

でも、やっぱり記録として残しておきたいし、今まで飽きっぽくてなんの趣味も続かなった人間なので、鞍数が1回分増えるだけでちょっとうれしくなってしまうわけです。すみませんがお付き合いくださいませ…!

さて、ちょっと話が横道にそれてしまいましたが、この日はもともと一個上のクラスが実施される予定だったところを、予約が誰も入っていなかったので、初級クラスに変更していただきました。

なので(かどうかはわからんのだが)、馬も初めて顔を合わせるお馬さんで、なおかつ馬場もいつもの丸馬場*2ではなく、倍ぐらいの広さの馬場でした。そして先生も初めての方でした。

前回までの馬にやっと扶助が伝わるようになってきて、喜んでいたのですが、この日は初めて乗る馬に悪戦苦闘。
馬場が前日の雨でぬかるんでいたせいもあるかもしれませんが、今まで乗った2頭と比べると速歩のときの反動(=上下の揺れ)がともて大きくて、ちょっと焦ってしまいました。馬によってあんなに反動に差があるとは思いもしませんでした。

それから、その反動によって、体育の持久走の時にたまになるあの腹痛に襲われ、その後の軽速歩が本当に辛かったです。結局この日はやられっぱなしで、手綱を持っての軽速歩はうまくゆかず、鞍についている紐を持った状態に逆戻り…。馬房に馬を入れるときも、馬とかるく衝突してしまいました…。

今日は初めて白馬(←初めてなのでやたら神々しく見える)に乗ることになって、ちょっと緊張しちゃっただけに違いない(´・_・`)
と、自分に言い聞かせながら凹みつつ家路につきました。

*1:掲示板や知恵袋などでよく見かけるご回答
*2:正円に近い形の馬場で、初心者クラスが使っている

☆BALOG☆

LINEで送る
Pocket