観戦料は大人ひとりにつき1000円。

【速報】国際馬術 掛川2017(3月26日)に行ってきた【結果掲載あり】

LINEで送る
Pocket

炎の体育会TVの馬術部で活動する華原朋美選手、欅坂46でもある菅井友香選手が出場されることで注目を浴びている『国際馬術 掛川2017』に行ってきました!

以下、一部試合結果を含む内容となりますので、炎の体育会TVをゼロベースで楽しみたいという方はご覧にならないようご注意ください(‘◇’)ゞ

実は今回の大会は開催場所が静岡ということで、私の家からは新幹線を使わないと行けないので、観戦するつもりはありませんでした。

ですが、もともと3月25日に掛川で用事があり、「あれ?これって帰りにもしかして馬術大会にも寄れるのでは??」ということに。静岡在住の友人を誘って大会開催3日目の午後のみ観戦しました。

友人は乗馬未経験、馬術観戦も初体験なので華原選手と菅井選手が出場するCSI-7 競技:大和証券カップ トップスコアがとっつきやすいかな?ということで、こちらの競技を中心に観戦。それでは時系列で振り返ってまいりましょう!

≪つま恋乗馬倶楽部に到着≫

観戦料は大人ひとりにつき1000円。
観戦料は大人ひとりにつき1000円。

 

ラチのそのまた外側にロープが張ってありちょっと遠目での観戦。
ラチのそのまた外側にロープが張ってあり、ちょっと遠目での観戦。

 

頑張った馬たちへの「ご褒美サラダ」は無料!ステキなブースですね。
頑張った馬たちへの「ご褒美サラダ」は無料!というステキなブース。

さて!

もう一度言いますが、一部結果を含みますので炎の体育会TVをフレッシュな気持ちで見たい方はここから先は読まないようにお願いします(笑)。

それではトップスコア競技のレポートです。

CSI-7 競技:大和証券カップ トップスコア≫

試合会場の下見をする華原朋美選手。
試合会場の下見をする華原朋美選手。

 

こちらは菅井友香選手。
こちらは菅井友香選手。

 

いよいよ、試合開始。これが噂の200点障害「ジョーカー」です。
いよいよ、試合開始。これが噂の200点(最高得点)障害「ジョーカー」です。(たくさんある障害の中で、飛ぶと200の加点、失敗すると200の減点となる魔の障害。)

 

老若男女、同じルールで戦えるのも馬術の魅力のひとつ。そしてこのお馬さん牛柄みたいで可愛い。
老若男女、同じルールで戦えるのも馬術の魅力のひとつ。それにしても、このお馬さんが牛柄みたいで可愛い。

 

今回優勝したのはこちらのトーマス・ホルツ選手。堂々の1500点台を叩き出していました。素人目に見ても安定感が抜群でした。
今回優勝したのはこちらのトーマス・ホルツ選手。堂々の1500点台を叩き出していました。素人目に見ても安定感が抜群でした。

 

菅井選手とテレキシオも調子よくジョーカーの飛越に成功していたのでこれはいけるのでは?と思った矢先にまさかの落馬&放馬…。直後にすぐに立ち上がり各方面にすぐに頭を下げて謝罪をしていて菅井選手の人柄が表れているように思いました。もともとは馬場馬術をやっている方のようなので、今度は菅井選手の馬場馬術もぜひ見てみたいです。
菅井選手とテレキシオも調子よくジョーカーの飛越に成功していたので、これはいけるのでは?と思った矢先にまさかの落馬&放馬…。直後にすぐに立ち上がり各方面にすぐに頭を下げて謝罪をしていて菅井選手の人柄が表れているように思いました。もともとは馬場馬術をやっている方のようなので、今度は菅井選手の馬場馬術もぜひ見てみたいです。

 

華原選手とキャリーズサンのペアはジョーカー障害を1回目で失敗してしまったことが大きく響いて、630点で15位と入賞は逃してしまいました。でも、前日もクラシック(キャリーズサンの子供)と試合に出ていたそうなので、そちらの結果に期待してTV放映を待とうと思います。
華原選手とキャリーズサンのペアはジョーカー障害を1回目で失敗してしまったことが大きく響いて、630点で15位と入賞は逃してしまいました。でも、前日もクラシック(キャリーズサンの子供)と試合に出ていたそうなので、そちらの結果に期待してTV放映を待とうと思います。

 

ラストは本競技のなかで唯一表彰台に上がった日本人、長谷川晶子選手。(素人目で恐縮ですが)ジョーカー障害をきれいに飛んで1200点台で3位に。
ラストは本競技のなかで唯一表彰台に上がった日本人、長谷川晶子選手。(素人目で恐縮ですが)ジョーカー障害をきれいに飛んで1200点台で3位に!

 

いかがでしたか?

急に人馬の呼吸が合わなくなったり、ジョーカー障害は楽々飛んでいるように見えたのに黒色の障害が怖くて反抗する馬がいたり、本当に何が起こるかわからないところも馬術観戦の面白さのひとつだなとも思った本大会でした。

今回ご紹介させていただいた競技結果は既につま恋乗馬倶楽部の公式サイトにて発表されているものになります。もっと詳しい情報を知りたい方は下記URLをご覧ください。

http://cal-japan.com/kyogi/keka.html

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です