落鉄

危機一髪!手入れ中に蹄鉄が吹っ飛ぶ事件発生

LINEで送る
Pocket

ずいぶんブログのネタが溜まってしまったので、最近は会社の昼休みを活用してBALOG活動をしています。こんにちは、やりです。

今日はお手入れ中に起きた事件について書きたいと思います。

この日もいつも通り、レッスン後に馬の手入れをしようと馬房から洗い場に馬をつないだ直後のことでした。

馬が虫を追い払おうと後脚をブン!と前後に振ったのです。

そうしたら、その足についていた蹄鉄が放物線を描いて飛んでいき、何かに「カーン!」と命中した音が周囲に響いていました。(蹄鉄が外れて落ちてしまうことを落鉄というそうです。)

いやはや、誰かに直撃したりしなくて本当に良かったです…。

落馬や噛まれる、蹴られる、最近は踏まれるなどの危険があることは頭の隅に置いておくようにしていましたが

『蹄鉄が吹っ飛ぶ』

 

というパターンは想定していなかったので、気をつけるリストに追加です( ..)φメモメモ

すぐに先生を呼びましたが、装蹄師さんに装蹄をしてもらったばかりだったそうでなぜ外れてしまったのかは謎のまま…。

ひとまず、先生が処置をすることになりました。

お恥ずかしいことに、蹄鉄をとりつけるという作業は装蹄師さんしかできないと思っていたのですが、釘が緩んで外れてしまった程度なら馬をきちんと扱える人であれば直すことがてきるのですね。

こちらの動画は先生の許可をもらって掲載していますが、『(ブログに)載せてもいいけど、(ネット上で)叩かれても俺に言わないでよ~(落ち込むから)』とのことなので、みなさん温かい目で見てください 笑。

※ちなみに装蹄師さんは蹄鉄を釘で打つだけではなく、熱した鉄からその馬のひづめに合う蹄鉄の形を作ったり、伸びた爪を削ったりもします。詳しく知りたい方は下記の記事がおすすめです。

▼馬の靴屋さん!?「装蹄師」ってどんな仕事?(うまびNEWSより)

https://umabi.jp/news/106
https://umabi.jp/news/107

そんなわけで先生に迅速な処置をしていただき、その後は通常通りお手入れができました。馬も人間もケガをせずに済んで本当によかったです!

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

「危機一髪!手入れ中に蹄鉄が吹っ飛ぶ事件発生」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。乗馬初心者です。
    ブログを最初から読んでいます。
    通勤時間の楽しみになっています。
    私も乗馬をがんばります。♫

    1. お返事遅くなり申し訳ありません!!
      ブログ読んでいただいてありがとうございます!
      なかなか更新できずすみません><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です