138&139鞍目-庶民の憂鬱と馬の習性?の巻

LINEで送る
Pocket

私は予算の問題で乗馬は(通常は)月6鞍までと決めています。もちろん、本当は毎日でも乗りたいのですが。

≪庶民の憂鬱…交通費事情≫

土曜日に2鞍のレッスンを3週続けて6鞍分乗ってしまっていたので、この日は間が1週間空いてのレッスンとなりました。

そうしたら、なんだか乗り方を忘れてしまったような感じに…。やっぱり間を空けないで2鞍、2鞍、1鞍、1鞍…と1日の鞍数は少なくても、毎週レッスンを受けた方がよいのでしょうか? しかし、まとめてレッスンを受けた方が交通費の節約になるので、どうにも庶民には悩ましいところだったりします。うぬぬ…。

 ≪1鞍目はマンツーマンレッスン!≫

さて、肝心のレッスンですが、1鞍目は本当にボロボロでした。午前中に雨が降っていたためキャンセルが出てマンツーマンレッスン(しかも午後は晴れた)で、動画まで撮ってもらったのに良いとこなし!

常歩も速歩も全く元気にできず、もちろんそんな状態ですから駈歩発進もなかなかできませんでした。上手くいかない焦りからか、外方の脚を後ろに引きすぎて馬に跳ねられてしまう始末です。

本来なら人に絶対見せたくない動画ではありますが、良いときだけ載せるのも嫌な感じなので(?)、恥をしのんでちょっとだけ公開。

※先日FacebookとTwitterで乗馬ライセンス3級取得した旨をご報告しておりますが、ブログとは時差がありますので、このレベルで受験したわけではありません。

≪2鞍目、馬が変な動きをする法則≫

2鞍目は馬が変わって、そして3頭でのレッスンです。毎度おなじみのステイゴールド産駒の彼がパートナー。この子は以前から急に変な方向に行きたがることがありまして…。不思議なことに変な動きをする日は本当にしょっちゅう怪しい動きをするのに対し、まったくそういう動きをしない日もあり、今まではその法則がわからなかったのですが、ついに気づきました!!

自分よりリーダーシップのある特定の馬が同じレッスンに出ているときは、どうやら先頭を走りたくなくて、隙あらばその馬の後ろに回り込み2番手になろうとしているようです。いやぁ~、気がづくまでにだいぶ時間がかかってしまいました。

野生では群で生活する馬の本能なのでしょうか。自分が認めた(?)馬以外の後ろには回り込もうとしないのも、とってもおもしろいですね!

★BALOG★

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です