146&147鞍目‐交互に速歩と駈歩…!の巻

LINEで送る
Pocket

前回のレッスンで『速歩から駈歩への移行』を練習したので、この日は少しだけステップアップして速歩と駈歩を交互に出す練習を行いました。

1鞍目のレッスンと2鞍目のレッスンは別の馬でしたが、どちらの馬についても速歩、駈歩ともに調子がよく元気に走らせることができました。

特にそのうちの一頭は扶助の強さの段階にとても敏感で、本当に少しずつ強くしていかないと前脚を上げてイヤイヤモードになってしまう子だったのですが、それを念頭において脚の強さに気をつけながらレッスンに臨むと、今回は一度も嫌がることなくレッスンを終えることができました。

いつも扶助が下手だったことですね…ごめん!

段階の扶助については以前の記事で触れておりますので、もしよろしければ下記の記事もご覧ください。

≫124&125鞍目‐イヤイヤモード発動!その原因は?

≫69鞍目-扶助(馬への指示)の強さレベル

★BALOG★

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です