雨の日の乗馬! マンツーマンレッスン

LINEで送る
Pocket

以前、『35鞍目-雨の日の乗馬はキャンセルするべきか?の巻』という記事を書きました。

そのときは『晴れていても初心者には難しいことが、雨の日はさらに難しくなるので、今のレベルで雨の日にレッスン日を消化してしまうのはもったいない。』ということで、基本は雨の日はキャンセル!という内容を書かせていただきました。が、実は100鞍を超えたあたりから、多少強めの雨が降っていてもまだ馬場がドロドロになっていなければ、あまりキャンセルをしなくなりました。

理由は、雨の日はお休みされる方が多いので、『マンツーマンレッスン』の可能性が高くなるからです。

部班もひとつ前のエントリーのように、複数の馬だからこそのエピソードが出てきたりして面白いのですが、純粋なレッスンの充実度はやはりマンツーマンレッスンの方が高いです。実際にマンツーマンレッスンが続いた後は自分なりに、成果を感じることができました。

また、私の通っている乗馬クラブは部班のときは他の方のプライバシーの問題もあるので動画(及び写真)の撮影はNGというルールですが、マンツーマンレッスンのときは生徒が自分だけなので動画撮影もOKになります。乗馬は他のスポーツよりも平日に自宅できる練習が少ない(気がする)ので、この動画の見直しというのは私の中でとても大きいのです。

乗馬をはじめてからすべてのレッスンをメモしていますが、動画を見ながらメモを見返すと、より理解が深まりますし、自分のダメさを痛感してもっと頑張ろうと思えます。

もちろん、雨が降りすぎて馬場がぐちゃぐちゃになりすぎると、(人馬ともに)安全の観点から駈歩のレッスンができないし、そもそもマンツーマンレッスンになるかどうかはレッスン開始5分前までわからないし、賭けではあるのですが。

以上、乗馬クラブそれぞれのルールにもよってしまうので参考にならない場合もあると思いますが、最近の雨天乗馬事情について書いてみました。

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です