187鞍目‐2回目の経路練習(乗馬ライセンス3級)

LINEで送る
Pocket

続いて2回目の経路練習です。
相棒は前回と同じく、重くて駈歩が出づらいと言われているツバサ君。

今回から馬名出してみました。「ツバサ」です。

 

≪経路を覚えるのに苦戦…≫

前回、はじめての経路練習の日はクラブでの経路練習開催自体が久々だったので見学の方がたくさんいらっしゃいました。ですが、2回目の経路練習は見学者の方はとても少なめ!

1回目の経路練習はギャラリーの多さに緊張してしまい、覚えたはずの経路が吹っ飛んでしまいましたが、今回は初回ほどの緊張はせずにすみました。

しかし、私はそもそも道を覚えるのがとても苦手なので、途中で経路を間違えてしまいました。ただ、自分でもミスにはすぐに気づき、間違えたところからやり直して(※1)、一応経路をまわりきることができました。

(そういえば、自動車の免許をとるときも卒業試験の道が覚えられなくて、友人に付き合ってもらい自転車でコースを回って確認したっけ…)

≪駈歩発進にも苦戦…≫

駈歩発進はウォーミングアップの段階から、やはりあまりうまくいかず、経路を回るときも思った場所で駈歩がポン!とはなかなか出せませんでした。

この日に限っていうと、ツバサに乗って経路練習をした人は、全員そんな感じだったようで、その様子を終始見ていたベテランライダーさんたちも『うーん…この子(馬)は経路、ちょっと他の馬より不利かもねぇ。なかなか難しいよねぇ。』とおっしゃっていました。

ですが、かく言うベテランライダーさんたちや先生が乗れば、ツバサ君もシャキシャキ動くわけで・・・。結局のところ、自分の力量不足。試験までにどうにか動かせるようになるしかありません!

(※1)やり直しをするのが試験のときにOKかどうかは不明です。ただこの時は練習なので、間違えたところに戻ってやり直しをしました。

☆BALOG★

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください