306鞍目‐2019年乗り初め…何かをつかみかける

Pocket

2019年、一発目のレッスンも相棒はマジェスティ。今年もたくさんマジェスティに付き合ってもらうことになりそうな予感です。

※本記事は2019年に個人的に書いていた日記をブログに書き写しています。


馬場にでて最初の方は、やっぱりハミ受けができずに気持ちが焦ってしまい、あたふたしてしまいました。前々回のレッスンでいい感じだったときのことを思い出すと、とにかく第1に前に出してハミに出させることが大事な気がして、前に出そうとするも、なかなか脚が効きません…。

でも乗っている間は、(もしかしたら本当はもっと優先すべきことがあったかもしれませんが)とにかく前に出すことが大事…という頭になっていたので、マジェスティがハミを取らないそぶりを見せたら前に出していきました。

結果的にそうやってみたことで、マジェはハミを受けてくれました。その後は、馬場の中央でいろいろな図形を描くことができました。が!!こちらが気を抜くとハミを外して蹄跡に逃げるので、そうなる前に客と鞭で前に出します。

駈歩はやらなかったけれど、先生にも「何となくつかめてきた感じがするね」と言ってもらえました。次は時間内に駈歩までがんばりたい。

おまけ

マジェは目が離れていて、ギャグ漫画っぽい顔をしている。それがかわいい。

 

★BALOG★