40鞍目-三度目の正直、お馬様にマウントを取るの巻

40鞍目-三度目の正直、お馬様にマウントを取るの巻

LINEで送る
Pocket

この日のお馬様に乗るのは3回目。1回目と2回目は速歩も途中で何度も止まってしまうし、方向転換も上手くできない・・・という有様でした。

しかしこの日は、39鞍目で先生に注意されたことを忠実に守り、39鞍目で馬が良く動いてくれたときのイメージをいい意味で引きずったまま、レッスンに臨むことができました。

まず、最初の5分間で行う常歩でかなり扶助どおりに動いてくれて感動(/_;)初めてマウント?がとれた瞬間です。

これでわたしも今流行りのマウンティング女子(違)。

はじめて先生の追い鞭なしで、速歩も停止の合図をするまで止まらずに走ってくれました!まさに3度目の正直!といったかんじ。

先生からも脚への反応がかなり鈍い子だということは言われていたのですが、強めの扶助で怒らせたらやだな・・・という気持ちが強くあって、
今までだいぶ遠慮していたな、と思います。


この日は正反動を結構長くやったのですが、正反動については以下2点が課題に。

① 長い間、正反動をやっていると時間がたつにつれて自分の体が馬のスピードについていけなくなる。

② 正反動のときに上手く扶助が出せない。

②については最後まで感覚がつかめず・・・、今度、先生に詳しく聞いてみようと思います。

そのほか、速歩での斜め手前変換で馬が停止してしまうことや、内方(左回りなら左手、右回りなら右手)の拳が下がりすぎてしまうことが課題として挙げられました。

そんなこんなで、まだまだ課題だらけですが、
少しだけ前進が見えたレッスンとなりました!!

★BALOG★

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です