26鞍目-小学生と一緒に輪乗り(2鞍連続でレッスン)

LINEで送る
Pocket

実は前回レポートを書いた25鞍目と26鞍目は2鞍連続でレッスンを受けました。

乗馬クラブは立地が悪いことが多いので、休日に行って1日で2鞍乗ったりするひとも多いようですが、わたしの場合は金銭的に月に2鞍(頑張って3鞍!)しか乗れないこともあり、1日にまとめて騎乗してしまうと、月に1回しかお馬様に会えません…。

それだと週末の楽しみが減ってしまい、平日のモチベーションに大きく影響しそうなので(笑)、現状は1日1鞍で2週間1回は馬に会えるようにしております。

ただ、この月については上手く予約が取れず、1日で2鞍レッスンを受けないと回数券の期限が切れてしまいそうで、はじめて2鞍続けて乗ることに。

—–

今回ペアだった会員さんは小学校3年生くらいのちょっとシャイな女の子で、挨拶は返してくれないのに、馬房からまったく出ようとしない馬に手こずっているわたしを無言で助けてくれたりと、わたしのツボにはまる女の子でした(可愛い…!)。

レッスン中もわたしよりだいぶ上手に馬を操っており、なぜこの日ペアだったのかいまだにわかりません・・・。
この日はじめて「はい、輪乗り~~~」と先生から指示が出たのですが、わたしは初めての指示にあたふた。

女の子は見事に輪乗りとやらをやってのけ、わたしは後ろだったので馬が勝手についていき、なんとなく「輪乗り」をした風になりました^^;


Wikipediaより

輪乗り(わのり)とは、馬術における運動のひとつ。
馬場馬術では直径20メートルの輪線運動を指す。広義には10メートル以上の円運動のこと。
部班ではこの号令がかかったら蹄跡に戻るよう指示が無い限り輪乗りを続ける。


 

輪乗りの動画を見つけました!>


かわいいアトちゃん 小さく輪乗りで駆歩 20110605 – YouTube

駆歩の輪乗り動画になります。わたしがやっているのは速歩の輪乗りです。

☆BALOG☆

LINEで送る
Pocket