馬にも歴史あり!優等生ホースの知られざる過去

Pocket

先日書いた195鞍目の経路練習の日、私が手入れの後にのんびりしていたのもあって、帰りがクラブの某先生と同じ時間帯になり、道すがらおもしろい話を聞きました。

前のクラスでちょいちょい乗らせてもらっていた優等生ホースのSっちゃん(騙)。

「どうも、優等生です」

≫優等生の憂鬱(過去記事)

先生によると、このSっちゃん。なんと、クラブに来たときは『駈歩』を知らなかったんだそうです。
今は優等生ホース代表というイメージで、初心者が乗っても優しく、常歩・速歩・駈歩すべて頑張ってくれる子なので、なんだか想像がつかなくてビックリです。

ちなみに馬術的にいい駈歩ができない、とかではなくて「駈歩という歩法をそもそも知らないので、そういうのできません、ボク^^」という感じだったそう。

先生によると『調馬索』を初めて使おうとしたときも

きょとーーん。

という反応だったらしい(笑)。

クラブにやってきた日も、馬運車のスロープの降り方がわからず、最終的にジャンプして下車したという逸話が。

・・・ってジャンプはできるんかーい!

と少々つっこみたくなりますが(笑)

今までの競走馬人生、どうやって過ごしてきたんでしょうか。
体も大きいし、お父さんお母さんの名前も不明らしいので(※1)、もしかしたらサラブレッドじゃない…なんてことはないのだろうか…(笑)

そんな感じだったので、スタッフの方々は『まずは丸馬場でリトレーニングだね~』と思ったそうですが、今度はカラダが大きすぎて丸馬場で運動がしづらく断念したとか…。

(※1)大きいけどカラダのフォルムはしっかりサラブレッド

馬にも歴史あり!ですね^^

そんなSっちゃんですが、今ではどんな人でも乗せられる優等生スーパーホースとして頑張っています。

★BALOG★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください